御見舞で気をつけたいこと。タイミング、タブーや金額

●病気見舞いで気をつけたいこと、お見舞いのタイミングは?

 

・病状に気を配り入院直後や手術の前後は避けて 

病気やケガで入院・療養している人を慰め、励ますのがお見舞いです。
健康な人では気にならないことも、精神的に不安定な状態にある病人にとっては、ちょっとしたことで神経にさわったりします。その点を心得て、まず病状に気を配ることが大切です。
また、病人は疲れやすいため、家族も落ちつかない入院直後や手術の前後の時期は、身内やごく親しい間柄でない限り、お見舞いを避けるのがマナー。どうしても容体が気になるときは、家族や付き添いの人にお見舞いの言葉やカードをことづけるのがいいでしょう。
病院に見舞う場合は入院後四、五日経ったころ、手術の二、三日後くらいに、家族の方に電話などで面会が可能かどうか、病状はどうかを確認してからにします。まだ人に会うのが無理なようならお見舞いは控え、回復に向かって安定した時期に入ってからに。もちろん、面会時間は必ず守るのが原則で、時間帯は午後の安静時間を過ぎたころが無難です。お見舞いは何よりもまず、病人や家族の身になって時期、方法を考える思いやりが大切です。  
 
・同情の言葉は禁物。力づける励ましの言葉を

病室を訪ねたら、外見が元気そうでも病人が疲れないように十五~ニ十分くらいで、寝たきりの方ならもっと短い時間で切り上げます。話題も病状についてや病人の気にさわる話題は避ける心配りが必要です。とくに避けるべきことは、大勢で押しかけたり子供連れで伺うこと。病室での飲食、喫煙ももちろんですが、スポーティーすぎる服装や華美な装い、強い香水も控えます。
伺ったときに病人が睡眠中であったり、安静にしなければならない状態にあった場合は、付き添いや家族の人にお見舞いの品を渡して、早々に引き上げるようにしましょう。婦人科への見舞いは、身内以外の男性は遠慮するのが常識ですし、一般病棟でも異性の見舞いに一人は禁物。また、病室が個室でなく大部屋の場合は、同室の患者さんにも軽くあいさつをして、大きな声でのおしゃべりは慎み、迷惑にならないように気を遣いたいものです。「さぞかし心細いでしょう」「やっぱり顔色が良くないですね」といった同情の言葉は禁物。「お元気そうで良かったわ」と力づける言葉をかけるようにしましょう。仕事を休んで入院されている方には「仕事のほうは大丈夫だから」「早く職場に戻って」といった言葉はプレッシャーになります。仕事の話はなるべく避けるようにします。
遠方でお見舞いに伺えない場合には、励ましの手紙を。お見舞品を贈る場合は家族の方あてにしましょう。


●病気見舞いの品を選ぶポイントは?

 

・長い闘病生活をする人にはこまめに顔をのぞかせて 

 

長い闘病生活をする方には、たびたび訪ねるか、まめに手紙を書くのが心ある見舞いの作法。
花を定期的に贈るのもいいでしょう。
病人にとって友人が顔を見せに来てくれることは何よりの楽しみ。
長患いならなおさらですが、そのつどお見舞い品を差し上げるのは、病人にとっても負担になるでしょう。
月に一度くらいの割合で顔を出し、二度目からは雑誌程度のお見舞い品にします。
また、お見舞いの際には病人だけでなく付き添いの方にもひと声かけます。
病人の家族はとかく看病疲れに陥りがちです。折り詰めのお弁当などを差し入れる心配りはうれしいものです。 


・病状に合わせて実用品や退屈しのぎになる品を

 

お見舞い品の金額の目安は3千円~5千円。品物は病状に合わせて選ぶようにします。花や果物は誰もが思いつく品ですが、手間のかかる花や傷みやすい食べものはかさむと迷惑になることもあります。花を贈るなら、小ぶりのかごに花をアレンジメントしたものが最近の主流です。花瓶がいりませんし、意外と花も持ちが良く、かわいいので喜ばれるでしょう。
食べ物は消化器系の疾患でなくても、食事が治療法の一環になっている場合があるので家族などに確認が必要です。
喜ばれるのは、タオル、大きいバスタオル、スリッパなど闘病中の必需品。
また、軽く読める雑誌や本、マンガ、写真集、スケッチブックと色鉛筆、レターセットなども退屈しのぎになるので好まれます。
入院中は何かとお金がかかるので、現金を包んでも喜ばれます。
目上の人に現金を贈るのは失礼にあたりますが、親しい間柄なら問題ありません。
お見舞金も、一般的に3千円~5千円、親しい間柄なら1万円。
白か淡い模様のついた封筒に入れ、「御見舞」と表書きをして渡します。


●見舞いを受けたときの心得は?

 

・健康をイメージする品をお見舞い返しに

闘病中には、見舞ってくださった方にときおり手紙などで病状を報告してお見舞いのお礼を伝えるのが礼儀です。
ですが、見舞ってくださった方へのお返しは、何よりも元気になった姿を見せることが一番。
正式なお礼のあいさつは、体が本調子に戻り元気になってからにします。
かつては快気祝いをしないと再び病気になるなどと言う俗説もあったため、見舞ってくださった方たちを招いて快気祝いのパーティを行うこともありました。
最近ではそういったことはほとんどありませんが、お見舞いをいただいた方には元気になった報告とお礼のあいさつを忘れずに。
もし、全快の喜びと感謝の気持ちを表したいと思うなら「快気内祝」として、お赤飯代わりの品を配るのもいいでしょう。
こういったお見舞い返しの品物を贈る場合には、頂いた品の半返し~3分の1程度の金額のものを選ぶのが妥当ですが、
金額の差もありますから、一律に気持ち程度のものを選ぶという方法もあります。
この場合、あとに残る品ではなく、病気が消えてなくなる「洗剤」や「せっけん」、最近では、今、治りましたの「今治タオル」嗜好品などが適しています。
他には、食品では自然食品、昆布、かつおぶし、食用油、乳製品など健康をイメージする品が適します。
いずれにしても、かけられた好意には平等に報いるようにすることが大切。
お見舞い返しも、金額より品選びに心を配るようにします。
ちなみに、完全に回復しないような場合には、退院や少し良くなって社会復帰を始める折に「退院内祝」という形でお返しをする方法もあります。 
 
・本復しないまま亡くなったときの報告とお礼

闘病の甲斐なく病人が亡くなった場合,存命中にいただいたお見舞いや厚情に対して、しかるべき方法で報いなければなりません。
一般的には、香典返しの折にお見舞いに対するお礼も併せて行う方法が考えられます。
このときは、香典に対するお礼状とはべつに、手書きの一文を添えたお見舞いに対するお礼状を用意します。
香典返しは俗に「半返し」といわれ、いただいた香典の半額、もしくは3分の1相当の品物を返します。
これを目安に、香典返しにお見舞い返しのぶんを上乗せした品物を選んで贈るようにします。
この際に、前述の二種類のお礼状を同封するといいでしょう。
闘病中、とくにお世話になった方に感謝の心を届けたければ、忌明け後に改めてお礼心を表します。
適当な品に「御礼」と表書きして、手書きのあいさつ状を添えるか持参します。
贈る品物は,かけられた好意に応じて気持ちのままに。
 

●地震や災害のお見舞い金額相場は?

・まずは先様の安否確認。

 

災害お見舞い金額の目安

一般的(5,000~10,000円)友人・知人(5,000~20,000円)会社・取引先関係(5,000~20,000円)

※あくまで目安です。出来る範囲でのお見舞いでかまいません。

※お見舞いを入れる金封(封筒)は白無地の封筒に入れ、表書きは 「御見舞」か「災害御見舞」とします。

お見舞いを入れる金封(封筒)は白無地の封筒に入れ、表書きは 「御見舞」か「災害御見舞」とします。お見舞いを入れる金封(封筒)は白無地の封筒に入れ、表書きは 「御見舞」か「災害御見舞」とします。

●災害見舞いはどのようにする?

 

・すぐに駆けつけ励ましと手助けを

地震・火事・風水害、あるいは交通事故などの突然の災害は、ある意味で病気よりはるかに大きい痛手であり苦痛です。
災害の知らせを受けた場合、近くならすぐに駆けつけ、励ましの言葉をかけ手を貸すべきでしょう。
こういった災害は突然にやってくるものであり、その日から困るものですから、「すぐに」というのがお見舞いのポイントであり、マナーです。
災害の度合いにもよりますが、まず通常の生活を早く取り戻せるような手助けを考えましょう。
例えば、復旧作業を手伝うとか、子供やお年寄りを預かったり、休息の場を提供するなどです。
近所であれば、電話や洗濯機などの遠慮ない使用を申し出れば喜ばれると思います。
お見舞いの品は、とりあえず必要となる衣類、食料品がいいでしょう。
災害で家財を失った人には、すぐに役立つ日用品や生活必需品が理想的です。
子供がいる場合には、学用品やおもちゃを贈ると喜ばれます。
遠方のためにすぐに駆けつけられないなど、あとからお見舞いをする場合には、やはり現金が役立ちます。
お見舞い金を包むときは、とくに体裁を整える必要はありません。封筒に入れて「お見舞」と表書きを。


●災害見舞いを受けたときのお礼は?

 

・早く立ち直って元気な姿を見せるのが返礼

 

災害に遭って多くの方から励ましやお見舞いをいただいたら、早く元に復するのが何よりのお返しです。
病気見舞いなどとも違いますから、災害見舞いに対しては内祝い、お返しはしないのが普通です。
一段落したらお礼状を出したり、あいさつに伺うようにします。
そして、元の生活に戻れたら「おかげさまでこのように元気になりました」という報告のお礼状を出します。
こういった報告が、相手の好意への返礼ですから、品物でのお返しは必要ありません。
火事で失った家を再建できた場合などには、見舞ってくださった方を招いて立ち直った姿を見てもらうのがいちばん。
もてなしの方法は簡単な手料理で十分です。
近火などでお見舞いを受けた場合には「近火見舞御礼」として軽い品を配るのが好ましいでしょう。
かつては酒一升などと言われていたようで、お酒が良さそうなお宅なら昔の習慣どおり、あるいはそれに代わる品として食品か日用品などを贈ります。
この場合は、5本結びきりののし紙で「薄謝」「寸志」と表書きします。
災害が一応落ち着いた時点で、なるべく早くあいさつしたいものです。

贈答ギフトアドバイザーの資格を有するスタッフが、お客さまの想いを形にするギフト選びのお手伝いをいたします。 のし紙、包装紙、メッセージカードは無料です。豊富な種類の中から、お好みのものが必ず見つかります。 ご来店いただけないお客さまのために、ご自宅まで訪問させていただき、ギフト選びのご相談を承っております。 しきたり・贈り物について、どんなことでもご相談ください。『香典帳整理』『先さまご住所調べ』もお手伝いいたします。
ギフト館ふじむら店舗一覧
豊浜本店
香川県観音寺市豊浜町和田浜777-1
【TEL】0120-074-440
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】木曜日・1/1~1/3
GoogleMapを見る
丸亀店
香川県丸亀市田村町402-1
【TEL】0120-939-847
【営業時間】10:00~20:00
【定休日】1/1・1/2
GoogleMapを見る
観音寺店
香川県観音寺市植田町116-1
【TEL】0120-939-077
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】1/1・1/2
GoogleMapを見る
宇多津店
香川県綾歌郡宇多津町浜八番丁121-3
【TEL】0120-931-335
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】1/1・1/2
GoogleMapを見る